ガラスコーティングに見る男女の違い

冬に向けて温活しよう

2016年10月25日(火曜日) テーマ:温活

最近、女性誌などで良く温活という言葉を目にするようになりました。私も、婦人科疾患に悩まされた、温活を始めました。

 

まず始めたのはストレッチです。私の場合は入浴中に15分、入浴後に30分から1時間行いました。疲れているところや気になるところを念入りにストレッチすると、疲れがとれ、次の日の身体も楽になります。また、腰の辺りを意識して行うことで、身体が温かくなる気がしました。ここで、大事なことは1ポーズに対して3分間行うことです。しかも動かずに静止した状態で3分間身体を伸ばし続けます。そうすることにより、インナーマッスルが鍛えられ一石二鳥で、代謝がアップします。

 

2つ目に行ったことは、温かい飲み物を飲むことです。私は水筒に温かい飲み物を入れて持ち歩き、いつでも温かい飲み物が飲めるよう心掛けました。外食などでは、初めに水が出てきたりもしますし、たまには冷たい飲み物を飲みたい時もあるので、その時は飲んでも大丈夫です。ですが、一気に飲むと身体が急に冷えて良く無いので、一口ずつ、少しずつ飲むようにすると良いと思います。体を整えることでホルモンバランスも良くなり綺麗になりますよ⇒ホルモンバランスと美容について

 

そして3つ目に座浴を行いました。今はYOSAというものもあります。身体が芯から温まり、冷え性の方や婦人科疾患でお悩みの方に最適です。リフレッシュ効果もあり、話題の健康法です。お値段は場所によって違うのですが、1~2ヶ月に1回のペースで通っていました。本当なら1ヶ月に2回が理想だそうです。

 

これらのことを行ったことにより、体温は上がり、生理が順調に来るようになり、疲れにくくなりました。そして驚くことに、1ヶ月半で6キロのダイエットにも繋がりました。ダイエット目的とでは無かったので、正直驚きました。しかも、太りにくくなったなと感じています。

 

これから冬に向けてどんどんと寒くなっていくので、ぜひ興味のある方は実践してみてください。